東京都民間保育園協会について

  • ホーム
  • 東京都民間保育園協会について

ご挨拶

東京都民間保育園協会について

 当協会は、社会福祉法人等の非営利法人により設立された、東京都内の私立認可保育園代表者を会員とした一般社団法人です。

 平成19年4月1日、「日本保育協会 東京区支部」「日本保育協会 東京都多摩支部」「社団法人 東京都私立保育園連盟」「東京都三多摩地区保育連合会」の4つの団体を統一して新たに「社団法人 東京都民間保育園協会」として発足いたしました。当時は約600園の加盟組織でしたが、その後の「公立保育園の民営化の促進」や「待機児童解消の推進」による民間保育施設の増加により、現在は約1160園の加盟組織に拡大しています。

 当協会では、理事会を中心とした各専門部・各委員会で構成され、さらに年に数回区市町村の園長会等との会議を開催しております。

 これらを通して、当協会は都内の会員園の子どもたちの健全育成と職員処遇の向上のため、

  1. 会員園の保育の質の向上を目指し、職員向けの各種研修事業の企画・運営
  2. 東京都や都内各区市町村自治体の保育に対する施策の調査・比較検討・保育制度の分析・課題点抽出・提言や要望活動
  3. 保育園職員への福利厚生事業
  4. より良い人材を確保するための各種雇用対策事業等
  5. 全国団体「社会福祉法人 日本保育協会」及び「公益社団法人 全国私立保育園連盟」への役員や部員の派遣等

 に積極的に取り組んでおります。

 今年度は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、さまざまな会議や研修、保育士等の人材採用のためのイベントである「TOKYO保育園フェア」が中止となってしまいました。また、感染症による緊急事態宣言下の保育については、区市町村によって対応に大きな違いがあることが明らかになりました。

 当協会では、Web会議やオンライン研修の実施、求人サイトの充実や、各区市町村の調査・情報共有と東京都に対して広域的な取り組みの要望を行うことによって、会員園の人材採用や、職員の処遇改善や自己研鑽の一助になり、都内全域の保育の向上を目指します。

 今後も皆様の当協会の事業運営に対するご理解とご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人 東京都民間保育園協会
会長 川下 勝利